歩いたメモ

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

大雨の三俣蓮華 2017年7月23日 縦走3日目

 

大雨が降る日

三俣小屋キャンプ場一夜を過ごす。

朝起きると大雨が降っていた。

f:id:arukizuki:20170810072916j:plain

キャンプ場で撮影した雨の風景

 

 

雨が収まるのを待っていたが一向に収まる気配がない。

上手く進めれば薬師岳キャンプ場まで行こうと思っていたが無理だな。

 諦めて7時に出発。

三俣蓮華岳を目指す。

三俣蓮華岳

三俣小屋と三俣蓮華岳の間は雪渓があって道が埋まってる。

足跡を頼りに進んでいたが、途中道を見失う。

緑色の草原が広がる。霧もあいまってどちらに進めばいいか分からない。

 

大きくは道から外れてないはず、

山頂の方向に進めばどこかで道に合流するだろうと考え、

方位磁針を頼りに山頂の方向に進む。

道がない草むらに少し苦労するが、なんとか道らしきところに合流する。

 

f:id:arukizuki:20170810072920j:plain

道に合流

 

 

f:id:arukizuki:20170810072900j:plain

8時59分 三俣蓮華岳に到着。

霧で何も見えない。

 

黒部五郎キャンプ場に向かう

黒部五郎キャンプ場に進む。

黒部五郎キャンプ場への登山道に水が流れ込んで、完全に川になってた。

登山靴がずぶ濡れになり、靴下まで濡れる。

 

f:id:arukizuki:20170810072909j:plain

水が流れる登山道

 

f:id:arukizuki:20170810072913j:plain

11時41分 黒部五郎小舎まで到着。

 

全身がずぶ濡れになる。

この雨の中薬師岳キャンプ場まで行くことは無理なので、

今日はここのキャンプ場に泊まることに。

 

テントを立て荷物を中に入れる。

案の定テントの中までずぶ濡れになる。

持ってきたティッシュで拭くが、寝袋まで

 

昼食は黒部五郎小舎内で親子丼を食べさせてもらう。

小屋の中はストーブあって雨を避けられるし天国だな。

小屋に泊まりたいとも思ったがお金の都合上テントしかない。

 

食べ終わったら大雨の中テントに戻る。

 

外は雨でやることなく暇なので、テント内で持ってきた本を読んで夕方まで過ごす。