歩いたメモ

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

高瀬ダム~烏帽子小屋 2017年7月21日 縦走1日目

 

 

登山口 高瀬ダムまで移動

 

朝、七倉ダムに行くため信濃大町駅前に停まっていたタクシーに頼む。

話しかけたタクシーの運転手からは私は七倉ダムまでしか行けませんと言われる。

やりとりしてると、他のタクシーがやってきた、そのタクシーなら七倉ダムまでいけるということだった。

 

タクシーに乗り高瀬ダムを向かう。

後で乗ったタクシーの運転手話聞いたら、七倉ダム以降に行くのは許可証が必要らしい。

最初に話しかけたタクシー運転手はその許可証を持ってなかったんだろう。

 

登山届は、タクシーの運転手さんに用紙を渡していただきタクシー内で書く。

そして七倉ダムの入り口で登山届を提出する。

 

七倉ダムでは、タクシーの通行通行許可が出るまでしばらくで待つ。

ここから先は東京電力の管理道路で、今工事用のトラックが数十台入っているらしい。

通行許可が出たらしいので、タクシーは先に進む。

この先のトンネルを越えたあたりから携帯の電波が届かなくなる。

 

高瀬ダム~烏帽子小屋

f:id:arukizuki:20170810005537j:plain

朝9時42分 高瀬ダムに到着

ダム湖が緑色できれい。

不動沢トンネルを抜ける。

 

f:id:arukizuki:20170810005542j:plain

抜けた先には吊橋が

きれいな白い浜進む。

このあたりは登山客以外の観光客の方も見学にいらっしゃっているようだった。

 

斜面を登っていく。

f:id:arukizuki:20170810054117j:plain

10時21分 裏銀座登山口

 

ここは北アルプス3大急登らしいので覚悟して登ったが、

道が整っているせいかそこまで急登とは感じなかった。

昔の道が整ってないころだったら、3大と言うぐらい大変だったのかな?

 

暑さと運動で汗がだらだら出る、水分補給しつつ登る。

f:id:arukizuki:20170810005545j:plain

14時13分 三角点

 

f:id:arukizuki:20170810005549j:plain

タヌキ岩

 

f:id:arukizuki:20170810005508j:plain

途中尾根上の断崖

くずれまくってる。

 

16時前後 烏帽子小屋に到着。

小屋でキャンプの受付をして、テントを張る。

f:id:arukizuki:20170810005512j:plain

張ったテント

 

烏帽子岳に登る

テントを張ったら近くの烏帽子岳に登りに向かう。

キャンプ場からすぐ近くなので、手ぶらで水だけ持って行く。

 

f:id:arukizuki:20170810054511j:plain

烏帽子岳 確かに形が烏帽子の形してるな

 

f:id:arukizuki:20170810005519j:plain

鎖場を登る

f:id:arukizuki:20170810005528j:plain

17時18分 烏帽子岳山頂に到着

岩山だけあって、山頂標識が岩に括りつけられてる。

岩山から見る景色はきれいでいい。

 

f:id:arukizuki:20170810005533j:plain

小屋に戻る途中 雷鳥のつがいを発見

雷鳥は、高貴さを感じる色模様と、かわいらしさの並立が、自分的には魅力。

 

キャンプ場に戻って寝る。