歩いたメモ

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

丹沢 勘七沢を登る 2016年4月2日

 

勘七沢に行った際の記録。

 

勘七沢は以前入ろうとして失敗したことがあるので再挑戦。

登り

途中までは小草平ノ沢と共通のコースを進む。

 

以前来たときは分岐見逃して、気が付いたら小草平ノ沢に入ってたことがあった。

今回は分岐点を見逃さないように進む。

 

f:id:arukizuki:20170808091309j:plain

この辺が勘七沢への分岐

 

f:id:arukizuki:20170808091312j:plain

滝F2

この上に行くのが

難しいんだよ

以前は登るの失敗したけど、濡れながら力づくで何とか登る。

 

f:id:arukizuki:20170808091316j:plain

f:id:arukizuki:20170808091321j:plain

勘七沢堰堤

堰堤を登ったあたりに、2人組の沢屋の方がいらっしゃいました。

挨拶だけして、先に進ませてもらう。

 

ここから上流はそんなに大変な場所はなかった。

 

f:id:arukizuki:20170808091326j:plain

滝F3

 

f:id:arukizuki:20170808091329j:plain

滝F4

 

f:id:arukizuki:20170808091418j:plain

滝F5

 

f:id:arukizuki:20170808091421j:plain

滝の水がきれい

 

上流になると沢が細く、コース通りの沢か分からなくなってきたので

沢は無視して、登山道目指して斜面を登ることに。

f:id:arukizuki:20170808091425j:plain

斜面を無理やり登る。

 

f:id:arukizuki:20170808091429j:plain

登山道近くまで到着。鹿が何匹も現れる。

 

 

登山道側のフェンスまで到着したので休憩。

休憩した周辺、上画像周辺全域に変なつぶつぶが大量にあると思ったら、これ全部鹿の糞だ。

鹿の糞で足の踏み場もないので、もう開き直って鹿の糞の上に座る。

 

f:id:arukizuki:20170808094220j:plain

フェンスの合間を進み、登山道まで移動。

ここは花立山荘近くの登山道のようだった。

 

一旦、金冷シまで登ってみる。

塔ノ岳まで行こうとも思ったけど、時間が16時と遅かったので諦めて下山する。

下り

f:id:arukizuki:20170808091440j:plain

下山途中の登山道

 

f:id:arukizuki:20170808091305j:plain

18時5分 大倉バス停まで下山