歩いたメモ

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

北アルプス 穂高山 - 槍ヶ岳縦走 2015年9月19日-21日

連休に念願の北アルプスに行った際の話。

 

コースは

1日目:上高地バスターミナル - 岳沢小屋 - (重太郎新道) - (吊屋根) - 奥穂高岳 - 穂高岳山荘

2日目:穂高岳山荘 - 北穂高岳 - (大キレット) - 南岳 - 中岳 - 槍ヶ岳 - 殺生ヒュッテ

3日目:殺生ヒュッテ - 千丈分岐 - 槍平小屋 - 穂高平小屋 - 穂高ロープウェイ

 

前日、1日目

 

前日18日、東京から山梨の竜王駅まで電車で移動し、一泊する。

次の日19日、竜王駅近くのコンビニでパン・チョコ・水なんかの登山時用の食事を追加で購入する。

 

f:id:arukizuki:20170714014301j:plain

竜王駅前 5時55分

 

竜王駅の始発電車に乗り竜王駅から新島々まで移動する。

 

f:id:arukizuki:20170714014307j:plain

新島々駅前 8時37分

 

ここで上高地行のバスに乗り、

f:id:arukizuki:20170714014312j:plain

上高地に到着。9時55分

 

上高地では食事を軽く取り、

山へ向かい出発。

f:id:arukizuki:20170714014339j:plain f:id:arukizuki:20170714014345j:plain

バスターミナルから、道を進む。

 

f:id:arukizuki:20170714014348j:plain

途中の湿地帯がきれい。

 

f:id:arukizuki:20170714014352j:plain

f:id:arukizuki:20170714014357j:plain f:id:arukizuki:20170714014401j:plain

岳沢小屋に到着。12時18分

 

ここから次の小屋まで標準タイムで5時間20分掛かる。

ここで泊まることを少し考えてたが、進むことにした。

 

ここから少しすすむと岩場や梯子が出てくる。

ヘルメットを被っておくことにする。

 

 

f:id:arukizuki:20170714014406j:plain

梯子

 

f:id:arukizuki:20170714014410j:plain

紀美子平。前穂高岳への分岐がある。

 

前穂高岳にも行きたかったが、日が暮れるまでは山荘に着きたかったので、行かないことにする。

 

f:id:arukizuki:20170714014417j:plain f:id:arukizuki:20170714014421j:plain

岩場を通り、山頂を目指す。

 

17時8分 奥穂高岳山頂に到着する。

f:id:arukizuki:20170714014429j:plain f:id:arukizuki:20170714014434j:plain

奥穂高岳山頂から見た景色

 

f:id:arukizuki:20170714033518j:plain f:id:arukizuki:20170714033328j:plain

雲が美しい。

 

この景色は自分が生で見た景色でTOP3に入る美しさだと思う。

 

f:id:arukizuki:20170714014336j:plain

奥穂高岳山頂標識

 

しばらく黄昏れた後、暗くなりそうだったので山荘に向かう。

 

f:id:arukizuki:20170714033707j:plain f:id:arukizuki:20170714033702j:plain

山頂付近から見た穂高岳山荘

 

f:id:arukizuki:20170714035503j:plain

画像左手に見える奥穂高岳山荘で受付をすます。

 

テントを張るために場所を探す。

テントが多すぎて場所がほとんどなかったが、ヘリポートの上は人が少なかった。

ヘリポートの上を使っていいか聞いたところ、夜から早朝の間までなら使っていいと言われたので、そこにテントを張ることにする。

 

f:id:arukizuki:20170714034214j:plain f:id:arukizuki:20170714033713j:plain

左:ヘリポートの上に張ったテント、右:テントから見た夕暮れ

 

日が暮れるギリギリにテント張り終了。

食事を食べてから寝る。

 

2日目

次の日、5時には目が覚める。

さっさとテントを片付け出発準備をする。

テントだらけの場所だったので、テントのひもをふまないように歩いてキャンプ場から抜ける。

 

f:id:arukizuki:20170714034703j:plain

5時54分出発。画像正面に見えるの涸沢岳を登る。

 

f:id:arukizuki:20170714035250j:plain

道を進む。

 

f:id:arukizuki:20170714035630j:plain f:id:arukizuki:20170714035748j:plain

左:北穂高岳に到着8時3分、右:北穂高小屋 8時9分

 

ここから先は大キレットと言われる岩場。

石を落とさないように気を付けて進む。

 

f:id:arukizuki:20170714034707j:plain f:id:arukizuki:20170714040115j:plain

キレットの画像

 

岩場は複数人で行くと面倒なとこだなと思った。

自分は1人だから、他に登山客がいなければ落石しても気にする必要はないけど

グループ登山してる人は、常に落石に気を付けてメンバーをケガさせないように気を付けないといけないから。

 

ここで知ったが落石したとき、落石したことを知らせるのにラークと言うんだね。

落石かつROCKという意味らしい。

 

途中にあった木の足場に登る際、木の破片が指に突き刺さり抜けなくなる。

そこまで痛くはないので我慢する。

 

こういうときのために針を持ってくればよかったかなと思う。

 

キレットを抜け南小屋に到着する。

ここから先は岩場は少なく歩くのみ。

 

f:id:arukizuki:20170714034720j:plain

11時26分 南小屋

 

f:id:arukizuki:20170714034723j:plain

11時55分 南岳

 

f:id:arukizuki:20170714034728j:plain

守岳 13時18分

 

 

f:id:arukizuki:20170714041306j:plain

道を進む。

 

f:id:arukizuki:20170714041309j:plain

槍ヶ岳山荘キャンプ場が見える。

この画像の景色はまるで山の民みたいだと思った。

 

f:id:arukizuki:20170714041313j:plain

槍ヶ岳山荘に到着。14時35分

 

槍ヶ岳にすごい行列ができる。3,4時間待ちらしい。

f:id:arukizuki:20170714041318j:plain f:id:arukizuki:20170714041748j:plain

槍ヶ岳の行列

 

テントを先に立てようかとも思ったが、

槍ヶ岳のキャンプ場は満杯。殺生ヒュッテのキャンプ場しかないが、

殺生ヒュッテに行っては往復1時間掛かるので、山頂にいたとき日が暮れてしまうので、

このまま並ぶことにする。

 

 

f:id:arukizuki:20170714041322j:plain f:id:arukizuki:20170714041327j:plain

左:少しづつ行列が進む、右:振り返り後続の行列を撮影

 

f:id:arukizuki:20170714041330j:plain

この梯子を登れば山頂

 

17時半ようやく槍ヶ岳山頂まで登れる。

行列に登り始めて3時間経ってようやくだ。

辺りは夕暮れ、ちょうどよいタイミングで山頂に上がれたんだと考えることにする。

 

f:id:arukizuki:20170714041333j:plain f:id:arukizuki:20170714042247j:plain

槍ヶ岳山頂からの景色

 

f:id:arukizuki:20170714042254j:plain

槍ヶ岳山頂の標識と社

 

同じタイミングで山頂にいた方に自分の写真を撮ってもらう。

 

あとは下りてテントを張りたいのだが、

下山がなかなか進まなかった。

どうやら1名下りるのが遅い方がいるらしく、そこで詰まっているらしい。

ゆっくり待つ。

 

ようやく槍ヶ岳山荘まで下りてこられたのが18時半。

ほぼ真っ暗。

 

そこから急いで殺生ヒュッテに向かう。

殺生ヒュッテに着いたときは19時を過ぎていた。

 

受付をすまし、暗闇の中空いている場所をさがす。

岩が多少ゴツゴツしていたが、空いている場所を見つけ

そこにテントを張る。

 

3日目

朝6時くらいに起きる。

食事を食べ、荷物を片付ける。

 

今日は下山するだけだから、ゆっくりでも問題はない

f:id:arukizuki:20170714043150j:plain f:id:arukizuki:20170714043146j:plain

左:テントから撮った槍ヶ岳、右:片付けた荷物

 

 

f:id:arukizuki:20170714043432j:plain

7時31分 朝早いのに、昨日昼ほどではないが既に行列ができている。

 

f:id:arukizuki:20170714043438j:plain

西側に下山する。木々がきれい。

 

下りる途中、親子の登山者とすれ違う。

父の方からキャンプ場空いてますか?と聞かれた。

自分が通った時は、まだ空きありましたよ、と答えた。

その息子が父の方に、今の時間ならまだ空いてると思う。と言っていた。

 

子供ベテランっぽい会話するな。

10歳くらいの小学生に見えるけど、その年で何度も槍ヶ岳登りに来てるのかな?すごいなと思った。

 

 

f:id:arukizuki:20170714043442j:plain

槍平小屋に到着。

 

f:id:arukizuki:20170714043446j:plain

川の流れが豪快だった。

 

f:id:arukizuki:20170714043449j:plain

登山道が終わる。あとは林道を歩く。

 

f:id:arukizuki:20170714043428j:plain

13時0分 新穂高ロープウェイに到着。

 

腹が減ったので、カレーを食べる。

 

その後は以下の記事で

walkmemo.hateblo.jp