歩いたメモ

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

鳳凰三山登山 2015年9月5日-6日

2015年9月5日-6日 山梨県鳳凰三山(地蔵岳観音岳薬師岳)に登りに行った際の記録。

 

天気は翌日6日は雨の予報だったが、急いで下れば大丈夫だろうと行くことにした。

 

 

コースは以下。

1日目:青木鉱泉 - 南精進ヶ滝 - 鳳凰小屋 - 地蔵岳 - 鳳凰小屋

2日目:鳳凰小屋 - 観音岳 - 地蔵岳 - 青木鉱泉

 

1日目

 

韮崎駅からのバスに乗り、青木鉱泉に移動。

 

f:id:arukizuki:20170713221832j:plain f:id:arukizuki:20170713221837j:plain

左:バス、右:青木鉱泉看板

 

f:id:arukizuki:20170713221842j:plain f:id:arukizuki:20170713221846j:plain

途中南精進ヶ滝展望台まで移動し、滝を見学。

他の登山者の方に滝を背景に自分の写真を撮ってもらう。

 

途中道が崩壊していて立ち入り禁止の箇所があったので、ロープに沿って迂回する。

 

f:id:arukizuki:20170713221850j:plain

道が崩壊してた近くで撮った画像

 

f:id:arukizuki:20170713221856j:plain

一旦休んで休憩、パン包装がパンパンになってる。

 

f:id:arukizuki:20170713221859j:plain

岩場の横を通る。

 

f:id:arukizuki:20170713221904j:plain f:id:arukizuki:20170713221908j:plain

花がきれい

 

f:id:arukizuki:20170713221911j:plain

鳳凰小屋脇の景色。あとで少しで地蔵岳

 

f:id:arukizuki:20170713221917j:plain

右手に地蔵岳山頂(オベリクス)が見える。砂場を踏ん張って登る。

 

14時前後、山頂標識がある箇所に到着。

f:id:arukizuki:20170713222038j:plain

地蔵岳山頂標識とオベリクス

 

標識はあるけど、ここはまだ山頂じゃないだろうな。正面に見える岩(オベリクス)が頂上だろ。

他の登山客で岩のそばまで近寄っている人もいた。自分も近づいてみることに。

岩場の上を歩く。

 

f:id:arukizuki:20170713221939j:plain f:id:arukizuki:20170713221920j:plain

左:オベリクス1、右:下の方を見る。

 

f:id:arukizuki:20170713221929j:plain f:id:arukizuki:20170713221933j:plain

左:オベリクス2、右:下を見る

 

頂上近くまで近づいたはいいが、最後の岩が岩がつるつるで掴むところがない上、

傾きが垂直どころか100度くらい傾いていて登れそうにない。

一応ロープが掛けてあったけど、ボロボロだし大丈夫なのか?

 

f:id:arukizuki:20170713221924j:plain

オベリクスに掛かるロープ

 

 

登るか悩んだけど、結局諦める。

山頂標識があるところまで下り、休憩を取る。

 

 

f:id:arukizuki:20170713222028j:plain f:id:arukizuki:20170713222032j:plain

左:地蔵岳にある地蔵、右:鉄パイプのケルン

 

鳳凰小屋に戻り、テントを張ることに。

受け付けはかわいいおねえさんでした。

 

次の日雨の割には大勢の人がいて、キャンプ場はいっぱいでした。

自分は隅っこの方にテントを立てる。

 

f:id:arukizuki:20170713222150j:plain f:id:arukizuki:20170713222046j:plain

左:鳳凰小屋、右:キャンプ場から撮った夕暮れ

 

2日目

 

4時くらいに、話し声で目が覚める。

他の方々はもうテントを片付けて出発するようだった。

 

その日は午後雨の予報だったため、下山がおくれると面倒なことになると思い

自分も急いでテントを片付け、5時には出発する。

今日登るのは観音岳薬師岳

 

f:id:arukizuki:20170713222050j:plain

途中の分岐点

 

f:id:arukizuki:20170714003919j:plain

道を撮影。

 

このへんはの縦走は景色いいし、風が気持ちいいでよかった。

正直登山は縦走の気持ちよさだけ味わいたいと思うんだけどな

 

f:id:arukizuki:20170713222055j:plain

遠くに富士山が見える。

 

f:id:arukizuki:20170713222100j:plain

観音岳山頂に到着。

 

f:id:arukizuki:20170713222110j:plain

 

f:id:arukizuki:20170713222115j:plain

薬師岳に到着。

 

薬師岳で記念撮影。

ここから先は稜線を外れる。稜線の気持ちよさが名残惜しいがしょうがない。

 

f:id:arukizuki:20170713222128j:plain f:id:arukizuki:20170713222132j:plain

下山途中の風景

 

f:id:arukizuki:20170713222139j:plain

10時過ぎ下山完了。

 

このあたりから、強い雨が降ってくる。

なんとか雨が降るまでに下山することができた。

 

青木鉱泉で駅行のバスを待つ。

 

12時くらいにバスがくる。

 

バスの運転手の方と話をする。

運転手の方から、天気雨だし人少ないでしょ といってことを言われるが。

自分がキャンプ場一杯ぐらい人がいましたというと、運転手の方は驚いていた。

 

f:id:arukizuki:20170713222144j:plain

 

バスは韮崎駅まで移動。雨の中、駅舎まで移動する。