歩いてきた記録

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

雨の中の日光白根山 2015年6月20日-21日

2015年6月20日-21日

 栃木の日光白根山に登りに行った時の記録。

コースは以下の通り。

1日目:日光湯本キャンプ場 - 外山鞍部 - 前白根山 - 五色沼避難小屋 - 白根山 - 五色沼避難小屋

2日目:五色沼避難小屋 - 五色山 - 国境平 - 日光湯本キャンプ場

 

1日目 登り

日光駅からバスに乗り湯本温泉まで移動。キャンプ場に移動する。11時くらい。

キャンプ場受付をすまし、テントを張る。

f:id:arukizuki:20170710152959j:plain

テント場所に張ったテント。

 

計画としては標準コース8時間あれば、登り下りできるはずなので、

12時登り開始、20時くらいに下山する予定だった。

素早く荷物を軽くするため、テント内に持ってきた着替え用の服をを置いてから登ることにした。

後の話になるが、服を置いていったのは失敗だったと思う

 

日光湯本キャンプ場を出発し登りはじめる。

 

f:id:arukizuki:20170710151244j:plain

キャンプ場にあった小屋、このとき12時19分

 

登り始めは雨は降っていなかったが、途中から小雨が降り始める。

 

f:id:arukizuki:20170710151250j:plain

天狗平標識

f:id:arukizuki:20170710151254j:plain

白根山標識

f:id:arukizuki:20170710151301j:plain

白根山周辺から撮った景色

 

f:id:arukizuki:20170710151306j:plain

五色沼が見える

 

このあたりで後になってから気づくが、道を間違える。

下画像の山と高原地図では、前白根山から五色沼避難小屋までまっすぐ進めばよいように見えるが、実は白根隠山方面に向かう道もある。

 

地図をよく見ず何も考えず歩いていたのが原因

本当なら地図にない分岐が出てきた時点で地図を見直すべきだったんだが、ミスったな。

 

f:id:arukizuki:20170710155327j:plain

間違えた箇所の登山地図

白根山にいくには稜線を一旦下りる必要がある、稜線上をまっすぐ行くと白根隠山に行ってしまう。

 

f:id:arukizuki:20170710151309j:plain

遠くから見た白根隠山

 

f:id:arukizuki:20170710151315j:plain

白根隠山山頂 16時過ぎ

 

白根隠山山頂まで来てから、ようやくこんなところ通る予定だったか?と疑問に思い。

道を間違えたことに気づく。

急いで道を戻り、正常ルートに戻る。

 

 

夕方になり、雨も強くなってきたが日光白根山まで急いで登る。

山頂付近まで登るが、霧で数十メートル程度しか見えずどっちが山頂方面が分からなくなったりする。

なんとか18時過ぎ日光白根山到着。

 

f:id:arukizuki:20170710160853j:plain

山頂三角点

 

f:id:arukizuki:20170710160508j:plain f:id:arukizuki:20170710151323j:plain

日光白根山山頂標識。雨と霧で展望は全くない。

 

日光白根山の山頂は岩がゴツゴツしてて、山頂標識が離れた箇所に複数個置いてました。

山頂標識がいくつもあった理由はなんでかな?多分山頂を一か所に決められないからか。

 

頂上に滞在後、避難小屋に向かう。

夜になり真っ暗になったためヘッドライトを点ける。

 

このときはじめて雨&夜の恐ろしさを知った

 雨がライトの光を減衰させる。そのため、数メートル先しか見えない。

雨でも昼なら問題ない。夜でも晴れてるなら問題ない。

でも雨&夜はヤバイ。ほぼ前に進めないし、寒いしで死ぬ。

レインウェアは着ていたが、雨がウェア手首部分から腕を伝って中まで入ってくるから、服はずぶ濡れになった。

 

真っ暗の中なんとか五色沼避難小屋に到着。

下山は無理なので、避難小屋に泊まることにする。

 

小屋に入る際誰かいますかーと言ってみるが、誰もいない。

こんな猛雨の中で登山しにくるキチガイはいないらしい。

 

全身ずぶ濡れで着替えたかったが、替えの服はすべて麓のキャンプ場に置いてきたため、着替えられない。

ずぶ濡れの服をきたまま、玄関に座り、床の上に上半身のみ横にするという方法で休む。

 

ずぶ濡れだったため寒くて、寝てる間もずっと震える。

 

2日目 下山

結局、朝まで眠らなかった。

4時前になり、うっすら明るくなってきたので出発する。

夜中も雨が降っていた音がしたが、出発時は雨は一時的に止んでいた。

五色山経路で下山を目指す。

 

f:id:arukizuki:20170710151326j:plain

泊まった五色沼避難小屋を撮影。21日3時53分

 

f:id:arukizuki:20170710151330j:plain

五色沼側で撮影 4時20分

 

f:id:arukizuki:20170710151334j:plain

五色沼を撮影 4時44分

 

f:id:arukizuki:20170710151338j:plain

五色沼山頂標識 5時41分

f:id:arukizuki:20170710151341j:plain

五色山付近から撮影した、雲海に浮かぶ山 

見える4つの山は、前白根山・天狗平・湖上山・外山?

 

f:id:arukizuki:20170710151348j:plain

 下山途中の道

 

f:id:arukizuki:20170710151352j:plain

国境平標識 6時19分

 

国境平ー湯本温泉間は藪だらけで。雨でぬかるんだ道を藪漕しつつ進む。

このルートは地図だと実線ルートだよな?深い藪漕ぎじゃん。進むの難しいぞ。

と思いつつなんとか下山。

 

f:id:arukizuki:20170710151358j:plain

下山先の登山口標識 9時13分

 

寝不足だったので、キャンプ場に張っていたテントで1時間ほど睡眠。

起きたら日光湯元温泉に行く。

全身洗い、服も着替えなおしすっきりする。

 

戦場ヶ原観光

テントは片付ける。

湯ノ湖。戦場ヶ原を観光することにする。

湯元温泉ー赤沼茶屋側バス停までを歩いて見て回る。

 

テントを片付けた直後から、雨が再び降り始めたのでレインウェアは着なおしました。

 

f:id:arukizuki:20170710151402j:plain f:id:arukizuki:20170710151405j:plain

湯滝 14時過ぎ

f:id:arukizuki:20170710151409j:plain

戦場ヶ原から見える男体山

f:id:arukizuki:20170710151413j:plain

f:id:arukizuki:20170710151409j:plain

戦場ヶ原から見える男体山

 

f:id:arukizuki:20170710151417j:plain

戦場ヶ原を流れていた川。茶色なのは土の色?

 

赤沼側バス停で、バスに乗り帰りました。