歩いたメモ

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

武尊山登山 2015年6月13日-14日

2015年6月13日-14日に行った、武尊山登山の際の記録

コースは以下の通り。

川場温泉口 - (奥利根湯けむり街道) - 旭小屋 - 不動岳 - 前武尊山 - 武尊山 - 手小屋沢避難小屋 - 武尊神社 - 武尊橋

 

13日の夕方6時ごろ最寄り駅の沼田駅に到着。バスを待つ。

 

f:id:arukizuki:20170707035846j:plain

 沼田駅舎撮影

 

川場温泉口に到着。

距離があるので本日中に旭小屋まではついておきたい。

川場温泉口 - 旭小屋は2時間半が標準タイム。

 

歩いて向かう。歩き始めはまだ明るかったが、暗くなってきたのでヘッドライトを点けて歩く。

 

 

f:id:arukizuki:20170707035849j:plain

20時14分に撮影

 

途中で雨が降ってきたためレインウェアを着る。

 

 

夜中22時?くらいに旭小屋到着。

 

f:id:arukizuki:20170707035853j:plain

小屋の近くで撮影

 

22時なので、中に人がいればもう寝てる時間。

自分が小屋に今から入って、他の方々を起こして迷惑掛けるのも嫌だったので、外で野宿することにしました。

雨が降っていたので濡れないよう、

旭小屋の屋根が出ている部分にツェルト敷いて、傘置きました。

そこに寝袋置いて眠りました。

 

 

翌日起きる。雨はまだ降っていた。レインウェアを着る。

片付けて登り始める。

 

途中腹が減ったので、朝食としてフルーツの缶詰を食べる。

食べてるときに、後ろから他の登山者の方が追い越していきました。

この時間くらいに雨が止んだのでレインウェアは脱ぎました。

 

不動岳からの風景と、不動岩標識。7時3分

f:id:arukizuki:20170707035856j:plain f:id:arukizuki:20170707035900j:plain

 

ここから先は岩場・鎖場でした

 

f:id:arukizuki:20170707035904j:plain

 

鎖場 カニのよこばい 群馬修経標識と、カニのよこばいの鎖場1

f:id:arukizuki:20170707035908j:plain f:id:arukizuki:20170707035915j:plain

カニのよこばいの鎖場2、カニのよこばいの鎖場3

f:id:arukizuki:20170707035918j:plain f:id:arukizuki:20170707035922j:plain

 

途中胎内潜りという岩のトンネルが、道の脇にあったので挑戦する。

f:id:arukizuki:20170707035926j:plain

 

潜った先に何かあるわけではないようです。自然が広がっていただけでした。

 

胎内通りトンネルを潜った先から撮ったトンネル。

f:id:arukizuki:20170707035929j:plain

 

 

 

f:id:arukizuki:20170707035933j:plain f:id:arukizuki:20170707035937j:plain

前武尊あたりにあった日本武尊の像と、標識。8時30分前後

前武尊あたりで一旦休憩する。

 

 

f:id:arukizuki:20170707035941j:plain

途中の風景

f:id:arukizuki:20170707035954j:plain

画像左に武尊山が見える。

 

このあたりで後ろから他の登山者の方が自分を抜きそうになる。その方スピードが速く、

自分もつられて速足で歩こうとするが、濡れた岩で滑りこける。

そのすきに後ろから歩いてきた方は自分を追い抜いて進む。

 

あの登山者の方のスピードについていくのは無理だな、焦らないで自分のペースで歩いて行こうと思った。

 

 

f:id:arukizuki:20170707035958j:plain

雪が残る。頂上まであと少し。

この先を進んだところ(上画像の左奥)に、

雪の斜面を這い上がらないといけない箇所があり、そこで多少苦戦する。

 

f:id:arukizuki:20170707040013j:plain

日本武尊銅像と剣。かっこいいな

 

ついに武尊山山頂到着

 

f:id:arukizuki:20170707040017j:plain

武尊山山頂標識。10時35分

 

どこから登って来たのか不明ですが、頂上には大勢(15名くらい?)の他の登山客の方がいらっしゃいました。

 

f:id:arukizuki:20170707040021j:plain

山頂にあった御嶽山大神と書かれた標識

 

頂上で気になったことなんだけど、武尊山山頂はハエっぽい虫が結構いたんだよね。

なんでだと思ったら、脇の草むらの上にラーメンが大量に捨ててあった。

こんなふざけた捨て方した人誰だ?草の上だから分解されにくいだろ、せめて土に埋めるとかしろよと思った。

 

f:id:arukizuki:20170707040026j:plain

頂上からの景色

 

その後は西側の武尊橋に向けて下山する。

 

f:id:arukizuki:20170707040030j:plain

下山途中の鎖場

 

f:id:arukizuki:20170707040035j:plain

雪が大量に残る。ここで意図せず滑ってしまい、残雪上部から下まで一気に進む。

 

途中登ってきた2人組の方と出会い、このすぐ上が頂上ですか?と聞かれる。

あと1時間くらいです。と答える。

 

f:id:arukizuki:20170707040039j:plain

手小屋沢避難小屋にある水場で水補給する。ついでに昼食を食べる。

昼食を食べ終わり、登山道に戻ると、さっきすれ違った方と再会する。

 

もう頂上に登って戻って来たんですか?と尋ねると、

あと1時間掛かると聞いて心が折れたのでもう諦めた、という話だった。

 

もったいないな、あと少しだったのに、

さっきあと1時間って答えたのがまずかったか。もっと短めにこたえておけばよかったかなと思ったりしたが、人の決断に干渉はできないので、それならしょうがないですね。明日仕事なんですよね。それなら無理できないですねと言っておいた。とにかく下山、林道に出る。

f:id:arukizuki:20170707040043j:plain

林道付近にあった標識。

 

あとは歩いてバス停に行くだけなのだが、ここからが長い。

林道から、バス停がある武尊橋までは標準コースで1時間50分も掛かる。

 

疲れ切っていたがとにかくあるく。

武尊橋に到着したのが16時くらい。

次のバスの時刻が17時くらいだったので、1時間程度待つ。

 

バスが来たので乗り沼田駅に帰ってくる。

 

2日掛けて、やっと登り下りできた。

武尊山はキツイ山でした。