歩いてきた記録

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

茅ヶ岳、金ヶ岳 登山 2015年4月26日

前日蓼科山に登り、竜王駅近くのネットカフェに泊まった次の日。

walkmemo.hateblo.jp

せっかく山梨まで来たんだから、ついでに他の山にも登るかと

前から気になってた茅ヶ岳に登ることにしました。

 

茅ヶ岳っていったら、日本百名山選定した深田久弥さんが死去した場所ですね。

百名山は自分も目指してはいますので、深田さんゆかりの地は楽しみです。

 

コースは以下の通り。

ふれあいの里 - 金ヶ岳 - 茅ヶ岳 - (深田久弥終焉の地) - 深田公園入口

 

茅ヶ岳は本来登る予定はなかったので、このとき地図は持ってませんでした。

標識を頼りに登っていきます。

 

明野ふれあいの里 標識 10時半

f:id:arukizuki:20170704210151j:plain

 

登山口の標識

f:id:arukizuki:20170704210157j:plain

 

金ヶ岳山山頂到着。

金ヶ岳山頂の標識 12時14分

f:id:arukizuki:20170704210201j:plain

 

山頂には大勢の登山客がいらっしゃいました。

登山客の方に、茅ヶ岳への道はあちらでいいんですかと尋ね、道を教えていただく。

 

街の景色

f:id:arukizuki:20170704210214j:plain

 

遠くから見る茅ヶ岳

f:id:arukizuki:20170704210218j:plain

 

トンネル。岩が落ちそうで落ちない

f:id:arukizuki:20170704210221j:plain

 

茅ヶ岳山頂到着。茅ヶ岳山頂標識

f:id:arukizuki:20170704210226j:plain f:id:arukizuki:20170704210231j:plain

 

山頂からの景色

f:id:arukizuki:20170704212802j:plain

 

分岐標識

f:id:arukizuki:20170704210121j:plain

 

正直、茅ヶ岳がこんなにきれいなとこだとは思ってなかったので驚きました。

景色はきれい。道は岩場ありでワクワク。短時間で登れる。

といういいとこですね。

 

頂上とどまったら下山。

下山途中、深田久弥終焉の地があったので立ち止まり手を合わせる。

そこの写真は撮りませんでした。人が死んだ場所を撮影するのは何となく不敬な気がしたので。

 

あとは走って下山。

 

標識。ピンクの荷物は誰かの落とし物?

f:id:arukizuki:20170704210127j:plain

 

深田記念公園まで到着。

左は標識。右は茅ヶ岳への道を撮影。

f:id:arukizuki:20170704210131j:plain f:id:arukizuki:20170704210144j:plain

 

ここで計算してなかったんですが、バスがあるのかとおもってたんですが、

このあたりはバスがないらしいです。

しょうがないので、韮崎駅まで歩いて行こうと思いました。

 

しかし長い、駅まで徒歩2,3時間かな。まあいいやと思って歩いてました。

1時間弱歩いていたところで、

先ほど自分を追い抜いた車が止まっていまして、その車の主の方が乗りなよと誘ってくれました。

お言葉に甘えて載せていただくことに

 

車の中で乗せていただいた方と話すと、

その方は仕事で冬山での救助活動的なことをやっており、今日はプライベートで茅ヶ岳に登りに来たということみたいです。

冬山は辞めときなよとアドバイスを受け、

自分は冬山恐いですねー的な返事を返す。

 

そんな会話している間に、韮崎駅に到着。

乗せてくれたお礼を言って別れる。

f:id:arukizuki:20170704210147j:plain

 

話は変わりますが、深田久弥さん言葉

「百の頂上に百の喜びあり」

これは至言だと思います。

自分もいろんな山を登ってみて、この言葉は実感してます。

どこの山も違うベクトルでの魅力を持ってます。

 

自分がこの言葉に付け加えるなら、

「百の頂上に百の楽しみと苦労」

 

意味は簡単と言われる山でも、難しいと言われる山でも、別の意味でいろいろ、登るのに苦労するところがある。

その苦労を乗り越えたから楽しくなる。

 

そんなので自分にとっての山の楽しさなんだろうな。