歩いたメモ

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

山梨 天子山塊の毛無山に向かう 2015月2月28日

山梨ー静岡間天子山塊の毛無山登山 2015月2月28日

 

始発の電車に乗る。電車乗り換えは

(中央線) - 大月駅 - 河口湖駅

なのだが、なんと大月駅で寝過ごしてしまい下り損ねる。

初狩駅で急いで下りてUターンしようとするが、次の電車は1時間先。

Uターンし、初狩駅 - 大月駅 - 河口湖駅に移動

 

そういうこともあり、河口湖駅に着いたのは9時半過ぎ。

結果毛無山登山口近くへ行くバス一本乗り遅れてしまう。

そのため、次のバスを待つためまた1時間以上待つことに

 

こんなことがあり、登山口近くのバス停についたのは13時前ということに。

f:id:arukizuki:20170617131827j:plain

標準コースではバス停(朝露グリーンパーク入口)から毛無山山頂まで3時間50分

この通りにいけば日が沈む前に山頂に着く予定なのだが、

 

この日は、いろいろと体調が悪くなかなか進めなかった。

 

登る途中には、富士山を撮影してた方もいた。

 

日が沈むか沈まないかのタイミングで山頂に到着する。

富士山ははっきりとは見れなかった。

 

太陽が沈む

f:id:arukizuki:20170617131832j:plain

毛無山山頂 到着 17時46分 

f:id:arukizuki:20170617131836j:plain

 

うっすら見える富士山

f:id:arukizuki:20170617131840j:plain

 

その後は来た道をピストンで下りる。

暗い上に体調が悪く時間が掛かる。

 

山を下りたあたりの河原に鹿がいて驚く。

 

下りた後は深夜なので、当然バスもない泊まるところもない。なので野宿することに。

一応野宿の可能性を考え、シュラフを持ってきてたのでそこは問題なかった。

 

ただシュラフを使うにもできれば、地べたでなくベンチの上がよかったので、ベンチを探して歩くことにした。

 

朝霧高原周辺でやっとベンチを見つけた。時間は深夜0時だった。そこで眠る。

 

ベンチの上のシュラフ

f:id:arukizuki:20170617132539j:plain

 

シュラフは冬用なので気温はほぼ問題なかったが、

顔の部分と、チャックの端の部分は冷気があたって寒かった。