歩いてきた記録

歩いてきた記録

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

雪山挑戦 霧ヶ峰

雪山登山に挑戦したときの記録。

 

2014年12月30日

雪山登山に挑戦するため、長野の霧ヶ峰にいくことに。

ここはリフトで頂上まで行けるので楽らしいのが霧ヶ峰選んだ理由です。

 

前日に茅野駅まで移動しておく。

 

左:茅野駅 右:茅野駅前モニュメント

f:id:arukizuki:20170617074011j:plain f:id:arukizuki:20170617074014j:plain

 

次の日、早速霧ヶ峰に行く。

車山高原の看板

f:id:arukizuki:20170617074018j:plain

 

車山高原山頂付近まではリフトで移動する。

f:id:arukizuki:20170617074021j:plain f:id:arukizuki:20170617074024j:plain

 

車山気象レーダー観測所

f:id:arukizuki:20170617074029j:plain

 

頂上についてここから、練習開始だと思ったのだが。

なんと全然歩けない。一歩進むごとに足が雪の中に深く埋まってしまう。

 

なんでそうなったかというと、

 このとき持ってきた装備は、ピッケル、軽アイゼンもどきの2つのみ。

 軽アイゼンは氷等の上を歩く用で、

 スキー場のような柔らかい雪の上では効果がない。

 

 

この装備じゃ無理じゃんということに実際にやって初めて気づく。

雪国の経験がない自分には、雪上を歩くということが全然想像つかなかった。

 

ほかの客を見る限り、スノーシューかワカンというものを履いてる。

 

装備がない自分ではもう進めないため、適当に歩き回ってから撤退。

 

途中、雪の段差があるところを下に降りた後

段差を上がろうとすると体重を掛けた部分の雪が崩れ、上がれなくなる。

 

そこで15分くらい雪と格闘した後、

体全体を匍匐前進姿勢にし体重分散することで、雪を崩さずに這い上がることに成功。

 

雪は恐ろしいなと思った。

 

どっかの景色

f:id:arukizuki:20170617074032j:plain

 

この日は撤退。

 

2014年12月31日

次の日登山用品店に行き、ワカンを購入する。

 

ついでに、松本城諏訪湖を見に行く。

 

左:松本城 右:松本城入口

f:id:arukizuki:20170617074036j:plain f:id:arukizuki:20170617074039j:plain

 

諏訪湖

f:id:arukizuki:20170617074043j:plain  f:id:arukizuki:20170617074046j:plain