歩いたメモ

歩いたメモ

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

奥多摩 雪の軍刀利沢を登る 2016年2月11日

 

2016年2月11日

奥多摩にある軍刀利沢に沢登りしに行ったときの記録。

 

コース

南郷 - (軍刀利沢) - 生藤山 - 三国山 - 上野原駅

 

アクセス

最寄り駅の武蔵五日市駅に移動。

 

f:id:arukizuki:20170807021036j:plain

武蔵五日市駅

 

武蔵五日市駅から数馬行きバスに乗り、南郷で降りる。

南郷の南にある矢沢林道を歩く。

 

f:id:arukizuki:20170807021040j:plain

矢沢林道最初の方

 

結構距離があるが40分程度林道を歩き、

軍刀利沢入口に到着。

 

f:id:arukizuki:20170807021046j:plain

f:id:arukizuki:20170807021050j:plain

上画像の奥に続くのが軍刀利沢

 

赤リボンが設置してある上、うっすら雪上に踏跡が見えるのでわかりやすかった。

 

登る

靴やレインウェア、ハンマーを装備し、水を歩いて進む。

 

f:id:arukizuki:20170807021053j:plain

狭い岩場 なかなかおもろい道

 

途中木が道を塞いでるところもあったが無理やり乗り越える。

 

f:id:arukizuki:20170807021057j:plain

冬だけあってつららができてる。

 

f:id:arukizuki:20170807021102j:plain

雪で覆われた壁があったが、この前買った 沢登り用ハンマー(ゴルジュハンマー)を雪に打ち付け、そこを支点にして登る。

雪にハンマー打ち付けるの面白いな。

 

f:id:arukizuki:20170807021109j:plain

 

雪上を這い上がる

そして沢の上流まで登り切ったところ・・道がない。

雪が積もって、すべてが覆われてる。

 

生藤山周りの登山道に登りたいが、雪用装備持ってない。

なので、雪の上をあるこうとすると、足が雪の奥にズボっと埋もれてしまう。

雪から足を出しながら一歩一歩進めなくてはならず、全然進めない。

 

試行錯誤した末に、

雪の上に全身這いつくばり、体重を分散して雪に埋もれないようにすることにした。

それでも進むのが遅い。

木がある場所までたどり着いたら、木につかまりつつ、雪の斜面を進む。

f:id:arukizuki:20170807021117j:plain

雪の斜面を登る途中に撮影

 

結果2時間ぐらい掛けて、ようやく登山道まで登ることができた。

f:id:arukizuki:20170807021125j:plain

たどり着いた登山道から、登って来た場所を撮影 17時4分

 

f:id:arukizuki:20170807021138j:plain

ついでに生藤山山頂に寄る。 17時15分

 

f:id:arukizuki:20170807021133j:plain

生藤山山頂から見た富士山の夕日

 

2時間も雪と格闘したので疲れた。山頂で30分程度休む。

下山

日が沈み、辺り一面暗い。

このあたりの登山地図持ってきてなかったので、標識を頼りに下山をする。

(生藤山は山と高原地図高尾・陣馬の範囲、持ってきてたのは山と高原地図奥多摩のみ)

 

f:id:arukizuki:20170807021032j:plain

ついでに三国山にも寄る。

 

暗い中走る。

下山までどれぐらい掛かるか不安だったが、頂上から1時間もかからずに下山完了

f:id:arukizuki:20170807021128j:plain

下山地点のバス停近く 18時30分

 

バス停の時刻を見ると最終便はもう行ってしまったらしい。

しょうがないので、上野原駅まで歩いて帰ることに。