読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩いてきた記録

過去の思い出、主に登山のメモを残すブログです

東海道はなぜ東陸道と呼ばれないのか。海の由来は?

東海道の東「海」とはどこの海が由来?

 
 東海道という名前の由来が気になってしょうがない。

 
 東海道と名称が初めて使われた古代のころ、日本の中心だった奈良あたりから見て東にあったから、東というところまでは分かる。
 しかし「海」というのは、どこに由来しているのだ?

 

 畿内(奈良周辺)から、各地域に移動するには、

 上記までは納得できる。

 

 しかし、東海道畿内と同じ本州で陸続きである。 

 東「陸」道と呼べばよかったんじゃないかと思う。

 実際に北陸道と名付けられている地域があるわけだし。

 

 検索してみても、この問題に対する答えは得られなかった。

 この疑問に対する、検索結果で出てきた答えを要約すると、

 古代から東海道と呼ばれていたから。なぜ東海というかはは不明。

 ということらしい。

 

 そこで自分なりに

 ・東の海とはどこか?

 ・なぜ東陸道でなく、東海道と呼ばれるのか?

 

 ということを考えてみた。

 

説1:東海とは、伊勢湾のこと


 東海道Wikipediaにて、以下のような説明を見つけた。

 ただし、木曽三川下流部は古来より水害が激しく、実際には船による移動に頼っていたと考えられ、あるいは飛鳥や平城京から鈴鹿峠を経由してそのまま伊勢国の港から伊勢湾を横断する海路が用いられる事も多かったとみられている。

東海道 - Wikipedia


 古代では、木曽三川を渡るのが難しく、船で伊勢湾を渡っていたらしい。

f:id:arukizuki:20170409233714p:plain

*1
 このことから、畿内から三重から東側に移動するには海(伊勢湾)を渡るというイメージがついた。
 →東海=伊勢湾?

 

 これで疑問解決かな、と思ったがなんだか納得できない。

 他の説も考えてみた。

説2:東海とは、浦賀水道のこと

 五畿七道の画像を見てみよう。

 

f:id:arukizuki:20170409234459p:plain

五畿七道 - Wikipedia

 

 気になる点がある、紀伊国(現和歌山)のことである。


 紀伊国は本州の陸続きであるのに、南海道なのだ。

 調べると以下のような理由らしい。

 つまり、都のある大和盆地から見て、紀伊国は、
新益京(藤原京)〜<巨勢道>〜五条〜<南海道>〜和歌山
〜淡路〜阿波国、と続く「南海道」の一部なのです。

南海道に1国だけ本州の紀伊国が含まれていたのは何故ですか? - 離... - Yahoo!知恵袋

f:id:arukizuki:20170410003058p:plain

*2

 紀伊国は土地自体が陸続きでも、四国の途中にあるから南海道の仲間入りしているということだ。
 この理屈を、東海道に当てはめてもう1度考えてみよう。

 

 そういえば古代における東海道は現代での東海道の定義とは違い、関東の南・東側の地域も含まれていた。

 加えて下のサイトの、ヤマトタケルの東征ルートを見て思ったのだが、

 相模(神奈川)から上総(千葉)方面に移動するのに海(浦賀水道)を渡っている。

ヤマトタケルの東征

 古代には武蔵国のあたりは湿地帯であり、安房、上総、下総に行くには海を渡ったほうが楽だったらしい。

 

 即ち、東海=浦賀水道

 その結果、浦賀水道に行くまでにある地域の伊勢(三重)~相模(神奈川)も東海道の仲間入りをした?

f:id:arukizuki:20170410005646p:plain

 *3

結論

 自分が持つ知識ではこれ以上分からないな。

 これ以上考えても新しい説出てこないし、上記の仮説で納得しときます。

 多分伊勢湾=東海だろうなという気がするな。

 

*1:伊勢から先の地域へ行く経路のイメージ図

*2:四国へ行く経路のイメージ図

*3:相模から先の地域へ移動する経路のイメージ図

登山2回目鷹ノ巣山

 初登山の数か月後に二回目の登山に行きました。

 9年前(2008年)の秋くらいです。

 目指した山は、奥多摩鷹ノ巣山です。

 

 鷹巣山を選んだ理由は、

 前回登った大岳山より難しい山に登ってやる!

 という意気込みを持っていたので、ギリギリ朝から夕方までの日帰りで帰ってこれそうな鷹ノ巣山を選びました。

 

 コースは 日原ー(稲村岩屋根)ー鷹ノ巣山ー高丸山ー鷹巣山ー奥多摩駅 でした。

 

 鷹ノ巣山は、最高にキレイです。

 頂上の展望の良さ。遠くに見える富士山や、視界を埋め尽くす奥多摩の山々が神秘的な景色でした。

 

f:id:arukizuki:20170404003937j:plain

f:id:arukizuki:20170404004003j:plain

f:id:arukizuki:20170404003943j:plain

 

 この後、鷹ノ巣山頂上から高丸山方面に向かいます。

f:id:arukizuki:20170404003948j:plain

 

 実は今思えば恥ずかしいですが、このとき

 地図もライトも持ってきていませんでした。 

 なので、コースを歩けばどこに着くのかも知らず、たまに見かける標識を頼りに歩いてました。(∀`*ゞ)テヘッ

 

 しかし、高丸山を過ぎた当たりで、この道がどこに続くのかが不安になってきまして、

 やはり鷹ノ巣山まで、引き返すことにしました。

 

  しかし、高丸山ー鷹ノ巣山の往復だけで2時間以上かかり、鷹ノ巣山に戻った際には夕方、さらにそこから奥多摩駅までは徒歩3-4時間掛かるらしいです。

 日が暮れる前に下山しないとと、そこからは全力で走りました!

 しかし、思いもむなしく、下山前に日が暮れてしました。

 

f:id:arukizuki:20170404003953j:plain:日が暮れる少し前に撮った写真f:id:arukizuki:20170404003958j:plain:日が暮れる直前に撮った写真

 

 

 完全に日が暮れたため、道は真っ暗。

 登山道の方向も分からず、進めなくなりました。

 

 仕方ないので、

 1.持ってきたデジカメのフラッシュを焚く。

 2.光った一瞬に見えた風景を元に、足を一歩踏み出す。

 上の1,2を繰り返して少しずつ進むことにしました。

 下が、その際撮影した画像で作ったgifです。

f:id:arukizuki:20170404004007g:plain

 

 しかし、この方法だと時間がかかる割に全然進めない。

 もう、今日中には下山できないんじゃないかと、絶望に暮れていたそのとき、後ろの方から声が・・

 

 1:「いち、に!いち、に!…あれあそこなんか光ってない?」

 2:「なんだろうね」

 

 ちょうど下山しているグループの方々がいたようで、救われました。

 その方たちはヘッドライトを持っていたため、その光を頼りに後ろを付いていかせてもらいました。

 30分くらい一緒に走って下山させてもらい、電灯がある道まで出させていただきました。

 その結果、無事山から帰還できました。

 

 

 このときは、暗闇の中一人いたときは本当に絶望感があって、恐ろしかったです。

 でも、このときのことを思い出すと、絶望感と同時にスリルがあって、ワクワクできます。この後継続的に登山に行くキッカケとなったできごとでした。

 

 地図と懐中電灯は、このときの経験以来は、絶対に持っていくようにしてます。

 

f:id:arukizuki:20170404012237j:plain

 奥多摩駅近くで撮影した写真

最初の登山経験

以下の写真は、自分が大学生(2008年)のころ、初めて自分から登山に行った際の写真です。

行った山は奥多摩の、御岳山ー大岳山ー鋸山ー奥多摩駅コースでした。

f:id:arukizuki:20170403232824j:plain f:id:arukizuki:20170403233813j:plain

 

f:id:arukizuki:20170403233808j:plain 

 

f:id:arukizuki:20170403234418j:plain f:id:arukizuki:20170403233811j:plain

 

写真を投稿

写真を投稿
フォトライフにアップロードされます。
今月のファイル利用量 1%
 
 
 
 
 

 

 この登山経験で、山ってきれいだなと思い。これ以後定期に山に行くようになります

 

このブログについて

 

このブログは、自分が過去の思い出について書き残す場所です。

 

ブログを書く理由

 なぜ、ブログを書くことにしたかというと、

 

 この前の正月帰省した際、昔よく行った場所を見て回りました。

 その際、昔のことをほとんど思い出せない。思い出そうとしても思い出せない。

 いつでも思い出せると思っていたのに、いつのまにか頭から消えてる。

 という思いをしました。忘れるって悲しいなって思いました。

 

 ブログに残しておけば、頭から消えても読めば思い出せると思うので、記録に残しておこうと思います。

 

ブログ内容

 趣味は登山なので、ほぼその記録になると思います。

 

画像著作権について

 今まで登山中に撮影した画像を大量にアップロードする予定です。

 このブログ中の画像を使いたいという方は、使った後でもよいので管理人に連絡をください。